赤ちゃんの為に海外の安全なお水を選ぶには

赤ちゃんが飲むミルクを作るには安全なお水が必要になります。

 

しかしどのお水がいいのか迷ってしまうのが現状です。2011の原発事故が起こってからは放射性物質にも過剰にチェックしなければならなくなりました。

 

これまで安全と言われていた日本の水道水は東西問わず、放射性物質が検出されている現状なので赤ちゃんを育てるお母さん達はどうしてもミネラルウォーターを選んでしまうようです。

 

日本のお水を飲んだり飲ませたりするのは不安…となると日本以外の国のお水はどうでしょう。

 

国産以外のお水を使用するときに注意するポイントは2つある

 

お水の硬度に注意

 

1つ目のポイントはお水の硬度に注意しなければならないことです。硬度について軽く説明させていただくと水自体に含まれているマグネシウムとカルシウムの量を示し、この量が低いと軟水と呼ばれ量が高いと硬水と呼びます。

 

水1リットルで表したミネラル量による分類は次のとおりです。軟水は0から100mg、中硬水は100mgから300mg、硬水は300mgからとなっていて赤ちゃんが飲める硬度は軟水のみとなっています。

 

どうして赤ちゃんが飲めるのが軟水のみとなるかというと硬度が高いお水はミネラルが多く含まれているので赤ちゃんの体内に大きな負担となり、お腹を壊して下痢の症状が出たりします。

 

女性に支持されているコントレックスは1400mg以上の超硬水なので絶対に赤ちゃんに飲ませてはいけません。日本で汲まれている天然水の殆どは軟水となっていて、国外のヨーロッパや北米で汲まれる天然水は硬水となっているようです。

 

従って赤ちゃんにミルクを作って飲ませる際にはお水の成分量などをしっかりと確認して分からない事があったら製造元に確認をとるようにすることも大事です。

 

放射性物質の検査

 

2つ目の注意するポイントは放射性物質の検査を徹底しているかということです。

 

日本の水は放射性物質で汚染されているから海外の水を購入しようと考えている人は勘違いしないでください。放射性物質が確認されているのは日本国内だけではなく海外でもあるのです。

 

ロシアのチェルノブイリでは原発事故から数十年経過しているというのに未だに汚染は解消されていませんし核実験自体も行われている地域もあるのです。その事も頭に入れておいてお水を選んでいかなければならないのです。

 

具体的な数値の検査をどう判断しているのか製造元に確認したところ1ベクレル以下でも検査を行っているとのことでした。現在の日本国内の水の安全基準となる数値は10ベクレル以下なので検出限界1ベクレル以下は安全を示しているのではないでしょうか。

 

愛する家族の為と自分の為にお水について勉強することで、普段使用しているお水が品切れしていても冷静に安全なお水かどうかを確認することができるはずです。