赤ちゃんのミルクは水がとても大切です

赤ちゃんは生まれてしばらくは、ママのおっぱいやミルクだけを栄養として育ちます。

 

ミルクは粉ミルクをお湯で溶かして作ります。そのため、安全なミルクを赤ちゃんに飲ませないならば、水に気を使うことはとても大切なことになります。

 

水道水は安全と思わないこと

 

ミルクに使う水は、通常、水道水で問題ないと言われるでしょう。

 

日本の水は世界でも非常に安全性が高い水です。日本は、水道水をそのまま飲むことができる世界でも珍しい国です。

 

しかし、東日本大震災によって、その安全性は下がってしまったと言わざるを得ません。

 

地域差はありますが、震災から数年が過ぎた現在でも、水道水から放射能が検出される場所は存在します。放射能は被災地だけでなく、関西でも研修されたというデータもあります。

 

今の日本の水道水はかつてより安全ではありません。赤ちゃんのための水は水道水でいい、と安易に考えない方がよいでしょう。

 

ミルクに使うミネラルウォーターは硬度を要チェック

 

ミルクに使う水に水道水がダメならミネラルウォーターを使えばいい、と思うかもしれません。

 

そこで注意したいのは、水の硬度です。水に含まれるミネラルの分量で決まる硬度は、高いほど赤ちゃんのミルクには向きません。

 

ミルクに使うミネラルウォーターは、硬水でなく軟水を選択するのがよいでしょう。では、どのミネラルウォーターが赤ちゃんのために一番安心なのか?といえば、これに明確な答えはありません。

 

ミネラルウォーターはそれぞれ硬度が異なり、さらに含まれるミネラルの配分も異なります。そして、その中のどれが一番よい、という基準はありません。基本的に、自分が納得できる水を使うことが望ましいと言えるでしょう。

 

実際に試して「これがミルクにいい」と思うミネラルウォーターを選択すればいいのです。

 

細かい数値が気になる方は、メーカーが出しているデータを参照することもできますので、それを参考にするとよいでしょう。

 

ミネラルウォーターをたくさん買うのが大変な場合には、ウォーターサーバーがおすすめ

 

ミルクに使うミネラルウォーターはたくさん必要になります。しかし、水は重量があるため、たくさん購入するのは大変です。また、気に入った水が品切れしていて困るというケースも時にはあるでしょう。

 

これを防ぎたいなら、ウォーターサーバーを利用するという方法があります。ウォーターサーバーを利用すれば、水は宅配してもらえます。水を買いに行って重たい思いをする必要も手間もありません。

 

また、サーバーからは冷水・温水を出すことが可能です。ミルクを作るのにちょうどいいお湯を用意することが簡単にできるのが、ウォーターサーバーの魅力です。

 

ミルクのために安全な水が欲しい。でも水の購入が辛い。手軽にミルクを用意したい。そんな方はウォーターサーバーの利用を考えてみると良いでしょう。